2019年07月14日
ボート免許の更新に行ってきました
小型船舶免許の更新に行ってきました。

クルマの免許と違って船舶免許の更新は常設会場って無いんですよね。

ある程度の会場を巡回する形で更新セミナーが行われてるんで、日程と場所が自分の希望と合う日を探す必要があります。

火曜日しか休めないので結構余裕を見ないと逃してしまいます。

日程と会場が決まったら、申し込みをして、お金を振り込んで、写真を用意して、委任状を書いて・・・・結構面倒くさいです。

自動車免許のように「明日行こうっと」なんて思いつきでは行けないのです。


まぁ、そんな話はおいといて、今回は葛西の会場で更新セミナーを受けました。

更新セミナー自体は(大したおもしろみもなく)つつがなく終了。


葛西まで行ったついでに近くを散策してきました。


散策の候補は、(最近、はまっている)古地図で現在も残っている道を探しました。


妙見島から葛西にのびるこの道なんかいいじゃなかろうか

001


現在の地図でもほぼそのまま残ってます。

000

では出発!


なんと江戸川区お得意の親水公園になってました。

004

003

matsuはへそ曲がりなんで、こんな風に綺麗に整備されると萎えるんですよねぇ(-_-;;;

気を取り直して再出発。

ちなみにココにあった川(水路?)が整備されたのは、昭和44年頃のようです。


にしてもココの近辺は、社寺が多い!

005

アッチもコッチも、お寺と神社ばかりです。

006

しかも結構由緒正しい立派な感じです。

地図で確認してみると・・・

なるほど社寺ばかりだ!

007

途中で発見した青面金剛塔。

明和五子天とあるので1768年の作のようです。

008

青面金剛の庚申塔は、前回かハら道の時も見ているのですが、改めてよく見てみると、結構えぐいよねぇ

沢山の手に武器を持ち、首にはドクロの首飾り

腰にはショケラ(半裸女人)をぶら下げてます。

009

猿のような物を踏みつけてますが、これは邪鬼だそうです。

台座には三猿(見ざる言わざる聞かざる)。

010

力ずくで、病を追い払ってくれる力強い神様(?)なんで、こんな造形になるんですね。

ちなみに、人間の体内には三尸(サンシ)という虫がいて、60日に一度(陰陽道の庚申の日)、眠っている間に、その人間の罪悪を天帝に告げ口に行くそうです。(罪悪を告げられた人は寿命が縮まる)

なので、庚申の日は眠らずに夜を明かす風習があったそうです。

近々の庚申の日は7月22日・・・身に覚えのある方は寝ない方がいいですよ(笑)




話がそれましたが、江戸川に到達。

散策も終盤です。




三方を道路に囲まれてる三角敷地のお宅・・・と言うか、交差点の中にある一軒家って感じですが、落ち着かなかったり五月蠅かったりしないんでしょうか?

011


堤を上ると目の前に妙見島!

上流側
012

下流側
013

matsuはこの妙見島のニューポートマリン(現在はニューポート江戸川って言うのか)で船舶免許を取りました。

懐かしいなぁ・・・

ニューポート以外は工場ばかりで遊ぶ場所もないので、あれ以来行ってないけど、ニューポートの二階のレストランはいい雰囲気だったなぁ

ちなみにニューポートマリンは、戦時中に作られた造船所の跡地。

タモリ倶楽部で妙見島の特集をやったことがあって、今でもYouTubeで見られるようです。

興味のある方は「タモリ倶楽部 妙見島」で検索するとすぐ見つかります。

ニューポートの隣にある月島食品では、国内マーガリンの10%を製造しているそうです(2011当時)。

護岸ができるまでの妙見島は、上流が削れて下流に流石溜まり、「移動する島」と言われていたようです。

なんだか色々歴史がありそう。スゲーな妙見島。

機会があったら、久しぶりに島に渡ってみようかな
[ 投稿者:matsu at 13:10 | Local | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年06月30日
かハら道
ひょんなことから昔の航空写真を発見。

001

1936年・・・83年前(昭和9年?)

matsuのウチの近くをクローズアップした物です。

畑(田んぼ?)しかない。





現在の地図はこんな感じ。

002

ムムム、昔の道が残ってる!




んでは、行ってみましょう。

ちなみに、ウチは地図の右端近くになります。




お地蔵さん?

庚申塔と道標の合体石像発見。
003

庚申塔は中国から伝来した道教の石像で江戸時代に流行したようです。

前垂れが邪魔で見えませんが、庚申塔の下は道標です。

ちょっと失礼して前垂れをめくらせて頂きました。

004

「かハら道」とあります。

ココはちょうど道が二手に分かれる場所で「こっちがかハら道だよ」と示す道標になっているようです。



それでは現在のかハら道をスタート!

005

おぉぉ、クネクネしてる!

いやいや、子供の頃からクネクネしてるのは知っているのですが、この辺の道の中では一番の大先輩だと思うとちょっと感慨深いです。

006
最初の航空写真にも写って言いそうな建物


かハら道のおしまい(実こちらがスタート地点)は千葉街道に当たります。

007



んで、そこにも庚申&道標がありました。

008

少し埋まっているようですが、ペットボトルの後ろには「是よりかハら道」とあります。

軽量ブロックで囲ってしまったので分かりづらいのですが、右側面には両国マデ2里、左側面には市川マデ1里とかかれているそうです。



今回歩いたのはかハら道のほんの一部です。

役所が作った奇妙な地図を見つけたので貼り付けます。

009g

「奇妙な」というのは、現在の地形に過去の道を描いた物なので奇妙なと言わせて頂きました。

当時は、新中川はおろか、荒川放水路も江戸川放水路もないわけで、荒川の中に交差点が存在します。


今回歩いたのは赤丸で囲んだ部分です。

江戸川まで歩いてみようかと思ったのですが、ほとんど昔の道が残っておらず(鹿骨街道に上書きされてしまったようです)、道標は、神社やお寺に移動されてしまっているようです。

道標は、その場所に在ってこそ意味を感じるんですが、都市計画のためにはやむを得ないのでしょうね。



ところで

河原道(かわら道)→かハら道

なぜに「ハ」だけカタカナなんでしょう?

まぁ、いいか



ちなみに河原は、江戸川水門と行徳橋の間に現在もある地名です。

昔は、渡し船で千葉県側に渡っていたので、河原道は「河原の渡し」にでる重要な道であったようです。

ちなみに「河原の渡し」の北に「小岩市川の渡し」がありますが、さらにその北には「下矢切の渡し」「上矢切の渡し」があったようです(現在の矢切の渡しは、下矢切の渡しの場所です)。




なんかやけに長い記事になってしまいましたが、こんな暇つぶしをしている今日この頃です。
[ 投稿者:matsu at 15:35 | Local | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2019年06月22日
また買ってしまった・・・
最近めっきり使う機会もなくなったのに、また買ってしまいました。

キャンプ用の椅子。

image0001

かなり大きいサイズで、楽です。

ハンモック的な効果なのか、眠くなります。





後ろから見るとこんな感じ

image0002

座面に比べると設置面積が小さいので、ちゃんと真ん中に座らないと若干不安定になります。



最大のメリットは、畳んだときに超コンパクトなことです。

image0003

40cmほどでしょうか、かなり小さいです。

バイクでソロキャンする人には人気なようです。

組み立て分解はちょっと面倒くさいけど、このコンパクトさは魅力です。

まぁ、使う機会がないのに買うと無駄遣いなんですけどね・・・(^_^;;;
[ 投稿者:matsu at 13:07 | アウトドア | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2019年06月12日
機を逸したか
ウチの梅の木です。

最近実が大きくなりません。

image0001

大きくなるのを待っていたら、実がオレンジ色に色づいてきてしまいました。

落ちるのを待つのも何だし、収穫しなくてはなぁ






んでこちらは、とくに綺麗とも言えない鉢植え。

image0003

お気づきでしょうか?

鉢の下の方に・・・




image0004

枯れ葉かと思いましたよ。

鉢植えに水をやってもピクリともしないです。

しっかし、ワイルドだなぁ・・・
[ 投稿者:matsu at 11:24 | 季節 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年06月06日
暇つぶし
たまごのパックの一欠片を切り取って

image0000





アボカドの種を立てて、ツナ缶の空き缶に入れます。

image0001





ほーら、根が出てきた。

image0002

要は水栽培なんですが、

根が出るまで3ヶ月かかりました(@o@;;

んで話によると、この後土に植え替えて・・・

実がなるまで、20〜30年!!!

生きてないかもね(-_-;;;
[ 投稿者:matsu at 13:56 | 日常生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年06月05日
晴明ゆかりの神社
地元と言うほど近くはないのですが、近くに安倍晴明ゆかりの神社があることを知り行ってみました。

車で10分・・・近っ!

青戸近くにある熊野神社

image0001

境内も5角形。

お守り類も魅力的なんですが、行った時間が遅かったためか社務所は閉まってました。



image0002

なんだか由緒ある五重塔(ブロンズ7メートル)。


色々説明が書いてあります。

image0003


境内に幼稚園があったりポニーが居たりでちょっとゴチャゴチャした感も否めませんが、まぁいまどきの神社は色々やらないと立ちゆかないんでしょうね。




実は、何年も前から福井県の名田庄にある天社土御門神道本庁に行ってみたいのです。

んで、そこにある4色鳥居の天壇を見てみたいです。

だが、ろくな予備知識もないまま見ても・・・なんだなぁ

近くに行く機会もないし・・・

店始める前に行けば良かったかなぁ


無くなることもないだろうし、急がずそのうちね
[ 投稿者:matsu at 12:11 | Local | コメント(0) | トラックバック(0) ]