掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2019年08月20日
◆「本原カフェ」=長野県上田市真田町本原= 美術家、雨海武さん、純子さん夫婦が自宅で開店! 子どもたちが造形遊びやおやつ作りなどを楽しむ!   長野県 上田市
雨海さん夫婦の本原カフェ 2019 (1)
【子どもとモビールを作る雨海さん夫婦】

雨海さん夫婦の本原カフェ 2019 (3)
雨海さん夫婦の本原カフェ 2019 (2)



 上田市真田町本原の美術家、雨海武さん(55)、純子さん(42)夫婦は、子どもたちが造形遊びやおやつ作りなどを楽しむ「本原カフェ」を自宅で開いている。

 自分の手で収穫した野菜を描いたり、粘土遊びの要領でクッキーを作ったり「子ども心」をくすぐる多彩なメニューを用意。

 2歳から小学生までの子どもと保護者対象の「親子の時間」と6歳から小学生対象の「子どもの時間」は月3回から6回ほど、1品持ち寄りのランチ会「真田ママ」は月1回開いている。
 
 水彩画に親しむ「大人の時間」もある。

 このほど「親子の時間」では2歳児の親子2組が参加して夏のモビール作りに挑戦。
 子どもたちは好きな色の油性ペンを選んでクリアファイルに円や線を描いたり、ボタンや木の実をひもに通したりして熱中していた。
 
 雨海さん夫婦は「自然豊かな場所で子育てしたい」と一昨年4月にさいたま市から移住。家は純子さんの母の生家で築後100年以上を経過した木造住宅だ。

 武さんは東京藝術大学大学院(絵画科油画専攻)修了。作家活動やアートイベントのプロデュースなどを行っている。

 純子さんは、日本大学芸術学部美術学科(油画専攻)卒。川口市立アートギャラリー・アトリエの美術専門員として勤務した。

 「美術の力を生かして、いろいろな人が集まるコミュニティーの場をつくりたい」と昨年秋から「カフェ」を始めた。
 雨海さん夫婦は3歳と1歳の子育て中。
 
 純子さんは「子どもたちがやってはいけないことを極力減らし、絵の具で絵を描いたり、まっ白になって手で粉をまぜたり大胆に楽しく遊んでほしい」と話す。

 問い合わせは(電話)090・5548・1078(雨海さん)

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 16:41 | 【グルメ情報】  お店オープン情報 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000579879.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら