掲示板お問い合わせランダムジャンプ

◆◇ スポンサー  ◆◇

ブログ用 倉乃
倉乃のホームページはこちらhttp://park7.wakwak.com/~kurano/index.html


ブログ用
おおらのホームページはこちらへ http://nakaobi.jp/

真田随想録、絶版の(上)は、こちらの別館にて御覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/66.32/

2018年11月09日
◆上田市に事務局を置く「東信州次世代イノベーションセンター」の開発プロジェクトが「経済産業省の地域中核企業創出・支援事業(2次公募)」2018の「ハンズオン型」に初採択! 長野県 上田市
 上田市に事務局を置く「東信州次世代イノベーションセンター」の開発プロジェクトが、今年度の「経済産業省の地域中核企業創出・支援事業(2次公募)」の「ハンズオン型」に初めて採択された。

 対象になったプロジェクトは「動作支援ロボットの事業化」。
 信州大学繊維学部からのベンチャー企業、AssistMotion(橋本稔社長)を中核企業とし、信州富士電機(上田市)、フレックスジャパン(千曲市)、ナビオ(佐久市)が参画。

肢体の動きをアシストする動作支援ロボット「curara(クララ)」の事業化に向け、浅間リサーチエクステンションセンターと東信州次世代イノベーションセンターが連携。
 市場動向調査や出口戦略策定、製品の安全試験などで支援する。介護や医療、農業分野など作業での活用が期待されている。

 地域中核企業創出・支援事業(2次公募)「ハンズオン型」は、地域経済を活性化できる地域中核企業を創出し、成長を支援する補助金で、1事業あたり上限700万円、実施機関は来年3月29日まで。

全国から28件の応募があり、18件が選定された。

[ 投稿者:東信ジャーナル社 at 11:34 | ●うえだニュース(旧丸子町・旧真田町・旧武石村を含 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000562057.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら