掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年11月01日
お祝い
真麻〜!
ご結婚おめでとうだよ!!

愛の翼でも見るかな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:15 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年10月25日
他家のこと
亡くなった主人のお父さんは台所に立ってたのよ
洗濯物を干すのは近所の人に見られるからいやなんですって
里帰りなんかするもんじゃない

そうかそうか
生きにくいな
まだやっぱり

思いやりと行動で
立て合れえばいいのに

自身が経験できるのは自分の親という偏った例でしかない
分析には時間が要るし
共に生きるためには言葉が要る

公共料金をずっと遅れず納めてきて
それはあたしの自活証明で
呑み込まれた時の不安を思い出せば
このまま巻き込まれるわけにはいかないのだ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 18:45 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年10月23日
エナジー不足
たけふやレビュカの情報をちょっとだけど漁り始めた
楽しそう
キラキラ
観たら絶対笑顔にしてくれる

だのにあたしは行く元気がない

ドラキュラを楽しみにしていた去年
元気だったかも思い出せない
[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:32 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年08月19日
タイトルなし
このままだとこっそり酒を飲みに繰り出すやうになる
わかってる
美味に満腹はもたらされても
生頼んで発泡酒出された恨み忘れまいぞ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 15:38 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年08月14日
奇妙なこと
フェミニスト思想(広域)の男性が
自分だけのその人(母、姉妹、恋人、妻等)に対してそうであるとは
全く限らないのだ


アタマワルイ
と反感を先ず抱く
我が身の矮小さよ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:32 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年06月28日
ゆーらに逢いたい
ひどく追い込まれている状態ではない
いつでもフッと座り込めそうなこの感覚の時に
彼女を観たい

華月くんの歌も聴きたいし
真麻がシャパシャパ踊るのを観たい


今年は誰が熱風を持ってくるのかしら?
貴公子のラスト晴れますように
[ 投稿者:Reimi AYADA at 18:52 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年06月24日
幸福の姿
拍手の客席から
初めてのご飯と
上野駅から少しだけ日本酒を啜って
家に辿り着くまで

今まで見たことのない幸せの輪郭を
目でなぞっていた

続きますように
これが続くならいいじゃないか
そう思っていた

自己満足であったのは承知している
今の自分には家族と居る時間自体が特殊なのであるから
多少興奮していたかもしれない

どうしてこれだけではダメで

不確かな確定ばかり欲しがる人には実質的な断然があるのに
かわいそうで
わからないということをわからないと伝えられぬ

自身が不幸ではないこと

自らが選んだパートナーと幸せを感じること
自らが選んだパートナーを幸せにすりよう努めること

それだけのシンプルなところを
どうしたらいいのかわからない
[ 投稿者:Reimi AYADA at 13:36 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年05月30日
はかないものだけが美しいものであった
いつか寝たきりになっても
あたしの中には沢山の過去が今と同時平行に存在していて
何度でも何度でも思い出せる

好いことも哀しいことも感激も淋しさも愛しさも憎しみも


手紙を書いたときには諦めていた
奇妙な反応と
嫉妬とは違うぐらぐらしたそれ

OSKは濾過装置なのかもしれない

[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:26 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年05月27日
そろそろお別れじゃない遠征がしたいのですが
前にも書いたけど
同世代がキラキラと目の前に立っているというのは精神的にとても大きい

今回まるで真麻ファン並みに彼女のことを打ち上げたな
いっそ手紙で書けば良かったか
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:00 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

タイトルなし
会社行きたくない
だが
拍手では生きられない


[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:31 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年05月26日
どう、楽しくやってる?
フランソワにそう言われると身を振り返ってしまう


人生楽しくやりたい

[ 投稿者:Reimi AYADA at 10:00 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年04月26日
カラス
七歳のほうだったのか
今日までずっと
青い目でも七匹もいたら賑やかしい山なんだろうと思って生きてきた

[ 投稿者:Reimi AYADA at 08:18 | 心情記録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]